美味しいフードがいい!

食事の一番の目的は、栄養補給。体を作ったりエネルギーを得るためだったりしますが、それでもせっかくなら美味しいと思いながら食べたいと思うのが本音でしょう。キャットフードなど猫のご飯についても、同じことが言えるのかもしれません。猫は人間と異なり複雑な味はあまり理解することができません。

猫は、香りで美味しいかどうかを判断します。そのため、キャットフードの中にはおいしい香りを香料などに頼り、付けているものもあります。高品質なキャットフードの場合は、そういった香料のようなものを使うのではなく、材料で勝負して美味しい香りもアピールしています。つまり、本当に美味しいものを使っているからその香りが出ているということです。

もちろん、キャットフードは、美味しいだけではだめです。バランスよく必要な栄養素が含まれていることも大切ですし、安全な食材を使っていること、問題があるような添加物を使っていないことも大切です。これらをクリアできるようなキャットフードは、やはりどうしてもそれなりの値段もするでしょう。それでも、猫の健康を考えたら品質の高いものの方がオススメです。食事もおやつ類も、是非吟味して選んであげてください。

プレミアムキャットフード

キャットフードの中には、「プレミアムキャットフード」と呼ばれるものもあります。プレミアムキャットフードは、材料の質や原産国などにこだわって作られているので、高品質なキャットフードだと言えるでしょう。また、人工的に作られた添加物などを使っていないものなどもあります。他にも、動物性のタンパク質をたっぷりと使っているものもあります。中には、およそ80パーセントが動物性タンパク質になっているものもあります。

猫は、もともと肉食の動物なので、穀類はあまり必要としていません。むしろ、猫は穀類を消化する能力があまり高くはありませんので、たくさん与えてしまうと内臓に負担をかけることになってしまいます。穀類よりも、動物性のタンパク質が多く含まれているものの方が、良いキャットフードと言えます。

また、プレミアムキャットフードと謳っていても、それぞれ内容やこだわりに違いがあります。選ぶ際は、内容をチェックして比較して選ぶと良いでしょう。質の良い材料を使って作られている為、どうしても価格が高いのがデメリットなのですが、中には比較的手ごろな値段のものもあります。もちろん、価格だけでは判断できないのですが、是非良いものを選んでください。

高品質なキャットフード

安心できるキャットフードを選びたいと思うなら、安心できるメーカーのものを選ぶことも必要です。また、可能であればホームページなどをチェックして、どのような材料を使い、どのようなこだわりをもって作られているのかを調べてみるのもオススメです。猫に必要な栄養素は、タンパク質と脂肪、ビタミン、ミネラル、炭水化物です。しかしながら、猫は人間のように多くの炭水化物は不要。代わりに動物性のタンパク質をたくさん必要とします。タンパク質は、筋肉や血液など体を作るために必要です。また、エネルギーの源でもあります。ですから、不足しないように与えることが大切です。

高品質なキャットフードを選びたい時は、パッケージをチェックしてみることも必要。一番最初に動物性のタンパク質名が書かれているものがオススメです。その際、しっかりと「マグロ」、「チキン」、「サーモン」のように具体的に名前が書かれているものを選ぶのがポイント。ミール、パウダーというふうに記載されているものの中には、あまり質の良くない部位が含まれている場合も考えられますので、是非具体的に記載されているものを選ぶようにしてみてください。

また、プレミアムドッグフードと呼ばれているものもオススメです。

良いキャットフード

ペットは、家族の大切な一員です。いつまでも元気で長く生きてほしいと願うなら、屋外で飼うよりも室内で飼う方が良いとされていますし、キャットフードも慎重に選びたいところ。猫は長生きすれば、15歳くらいまで生きることもあります。キャットフードを選ぶ際は、価格だけを見て判断すのではなく、内容をしっかりと確認してから選ぶようにしたいもの。気になる添加物が入っていないか、安全な材料を使っているか、どんなこだわりを持って作られているのかをチェックしましょう。

「BHA」や「エトキシキン」、「BHT」などの添加物は危ないので避けるべき。また、パッケージには使っている材料を記載しているはず。ここには、多く含まれている順番に書かれています。一番最初に肉でも魚でも良いので動物性のたんぱく質名が書かれているものを選ぶのがオススメです。その際、肉や魚の名称もきちんと書かれているものを選ぶのがオススメです。例えば、「マグロ」や「サーモン」、「鶏肉」などといった具合です。動物性たんぱく質について、ミール、パウダーと記載されているものを選ぶときは慎重にした方が良いかもしれません。また、猫はあまり炭水化物を必要としませんので、炭水化物をあまりたくさん含まれていないキャットフードを選んだ方が良いと言えるでしょう。

キャットフードは安全なものを。これは、食事の際だけの話しではなく、おやつについても同じことが言えます。当サイトは、キャットフードについて紹介します。